もなちょのブログ

ビットコイン(暗号通貨)には夢がある。 そう、それをひとりでも多くの人に知ってもらうことが私の背負った使命 (o・ω・o)

資産マイナス500万円が、プラマイゼロになったお話。。。

 
以前、娘と入っていた風呂から出てきたときに、
BitcoinFX取引口座に表示されていた金額が
マイナス500万円だった話をしました。
 
その続編です。。。
 
 ▼▼▼
 
風呂上がりに おむつ一枚の姿でリビングを走り回る娘 が
わたしの足にしがみついてくるのも無視するほどの放心状態で
取引残高 と 暴落しているチャートを見比べながら、
深呼吸をする。
 
 
チャートは乱高下を繰り返し、
その後プラス50万円などに戻ったりもしていたが、
その後 再度マイナス500万円に。
 
 
しかし、そもそも、おかしい。
 
何故なら、この取引所は、資産が一定量まで減ると、
自動で保有分を全て売却するシステムが付いているため、
いつまでも一枚も売却されることなく、
そのまま保有していくことは無い、はず。
 
とりあえず、システムには触れず、
本来であれば100万円近くは残るはずだった資産残高欄の
デジタル数字を見つめていた。
 
 
よし、、こういうときは、「お問い合わせ」にメールだ。
 
 
以下がやりとりを簡略化したもの。
 
 
・(もなちょ)ロスカットされてないんですけど?
・(取引所)ロスカットは発動したんですが、相場が急に動いたんで、
      システムが捌き切れませんでした。
・(もなちょ)捌き切れるも何も、1枚も売られてませんが?
・(取引所)安心してください。先ほど全て手動で売却しました!
      そして、マイナス分は弊社が補てんします!
・(もなちょ)いや、そういうことじゃなくて、
       通常通りロスカットされてたら、
       マイナスにならなかったんじゃないの?
・(取引所)今回はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
・(もなちょ)え、終わり?
       全額補てんじゃなくてもいいから、少しでも返してよ。
       必要なら、いつでもオフィス行くし。
・(取引所)今回はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
 
 
結局、前からあるのか、後から付けたのか、不明だが、
規約に「システム不具合等による損失補てんは一切行いません」と明記され、
「まあ、ロスカットになっても、最悪100万くらい残るし、放置しとこ。」
くらいに思っていた もなちょは
自動ロスカットのシステムを信頼したばっかりに、
全ての資産を失ったのでした。
 
 
システムや取引所に絶対の信頼をしていたもなちょは、
結果的に 裏切られた気持ちになり、心は深く、、傷ついた。
 
そして、、
 
今から十数年後、娘が思春期になり、口をきいてくれなくなった時、、
 
この悔しい気持ちを思い出し、
 
パパは きっとこう呟くだろう。
 
 
娘との入浴、、
 
、、、プライスレス。
 
 
ということで、
もう、取引所なんて信じないぞ (o・ω・o) みんなも気を付けて。
 
 ↓ 応援ありがとうございます。寄付はこちらからです。
 いただいた金額に応じてKIZUNAコインをお送りさせていただきます。
 もなちょモチベーションアップ分以外は、
 KIZUNA普及、寄付いただいた方への配当に使わせていただきます。

Donate with IndieSquare