もなちょのブログ

ビットコイン(暗号通貨)には夢がある。 そう、それをひとりでも多くの人に知ってもらうことが私の背負った使命 (o・ω・o)

トレードの勝率が上がらなくても、利益を残す方法はあります

 

いざトレードを始めてみると、

損切の嵐で資産が減っていく、

コツコツドカンで資産が減っていく、

そんな方も多いと思います。

 

特にレンジ相場で不安定な動きをした最近のビットコイン相場。

私も多少イライラしましたが、これが相場です。

完全に値動きを予測することはできませんし、

完璧な予測を目指すと、失敗してしまいます。

 

また、簡単にビギナーへのイメージでのアドバイスをひとつ書いておきます。

 

★逆指値発動で資産が減る人

⇒逆指値の設定場所に悩まれているかと思います。

 たしかにそれで解決する方もいますが、

 そうでない人の方が実は多かったりします。

 

 例えば、

 

 ・【A】あなたの勝率は何%ですか?

 ・【B】あなたの平均損切価格(%)はどのくらいですか?

 ・【C】あなたの平均利益確定価格(%)はどのくらいですか?

 

⇒何が言いたいかおわかりでしょうか?

 事例で計算してみましょう。

 

 勝率;30%

 平均損切価格;10,000円

 平均利益確定価格;20,000円

 10回中3回勝ち、7回負ける、ということです。

 つまり、10回トレードしたら、

 (-10,000円×7回)+(20,000円×3回)=-10,000円

 ということになります。

 

 さらには別途手数料がかかると考えると、もっと損失が広がりますね。

 

 

では、これを少し調整してみましょう。

 

 勝率;30%

 平均損切価格;6,000円

 平均利益確定価格;15,000円

 10回中3回勝ち、7回負ける、ということです。

 つまり、10回トレードしたら、

 (-6,000円×7回)+(15,000円×3回)=3,000円

 ということになります。

 

無茶な設定をしなくても、少し利益が出ましたね。

 

 

⇒つまり、トレードをする上では、

 勝率を大きく変化させることは難しいのですが、

 BとC、つまり、「損切り(逆指値)」と同時に「利益確定」の幅の調整で、

 勝率を変化させたのと同じ効果(利益を残す)を得ることができます。

 

⇒あなたの現在の勝率に対して、
 いまの利益確定、損切り確定の値幅比率の設定は正しいですか?

 

 

 
 ↓ 応援ありがとうございます。寄付はこちらからです。
 いただいた金額に応じてKIZUNAコインをお送りさせていただきます。
 もなちょモチベーションアップ分以外は、
 KIZUNA普及、寄付いただいた方への配当に使わせていただきます。
 

Donate with IndieSquare