もなちょのブログ

ビットコイン(暗号通貨)には夢がある。 そう、それをひとりでも多くの人に知ってもらうことが私の背負った使命 (o・ω・o)

BitcoinチャージできるデビットカードEcardの入った封筒を、嫁が見つけた夜のお話

 

ビットコイナーの必須アイテム「Bitcoin E-Card」

 
 

f:id:monacho:20160308083541j:image
 
 
指定のBitcoinアドレスが自分の口座になっていて、そこにBitcoinを送ると、Web、アプリ上でチャージのできるデビットカードです。
 
 
クレジットカード(MasterCard)払いができるところなら、コンビニだろうが、美容院だろうが、ホテルだろうが、どこでも使えます。
 
しかも明細とかが自宅に送られてくることはなく、全てWeb上で閲覧できます。
 
 
通常、申し込んでから2週間くらいで届くようですが、その時によって違うようです。一応4週間以内と言っていた気がします。
 
 
 
ただ、書留か何かで届くのかと思っていましたが、普通にポストにポイっと封筒が入っていたようです。
 
 
そして危なくも、それに先に気付いたのは、私ではなく、嫁。
 
嫁にはEcardどころか、Bitcoinの存在すら伝えられない。
アナログでデジタル嫌いな彼女は、後に「デビットカード」が何なのかすら知らないということも判明。
「ネットバンクは信用できない」と頑なに使わないと言い、わざわざ車で銀行まで紙の通帳記入をしに行くレベル。
そんな彼女が暗号通貨を認めるわけがない。
未だに恐くて、「暗号通貨」や「Bitcoin」は、我が家では禁句なのである。
 
 
 
ある日の夜、リビングでテレビを観ていると、玄関から戻って来た彼女の手に、郵便受けから取り出した小さな文字の英語しか書かれていない白い封筒が。
 
裏表を繰り返し眺め、英語で書かれた もなちょの名前を見つけると、見慣れないその怪しげな封筒を無言で私の近くのテーブルの上にそっと置き、台所に立つ。
 
 
 
もなちょの心の声(あ、それは、きっと待ち焦がれたecard!
   開けたい!いますぐ封筒を開けたい!)
 
 
嫁は私と目を合わせずに、何かを包丁でトントン切りながら、一言。
 
 
 
「もなちょにエアーメールをやりとりする友達なんかいたんだねー」
 
 
 
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 
 
 
 
 
もなちょ「いや…、い、いないよ!
     おれ英語話せないし、、、
    ってゆーか、仕事関係だし、、、」
 
 
嫁「ふぅ〜ん、そーなんだ〜 (ー_ー)ジィー」
 
   ・
   ・
   ・
   ・
 
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 
 
な、なんだ、このプレッシャーは…。
べ、別にやましいものを頼んだわけじゃないのに、
中途半端な嘘をついてしまった…。
しかも仕事関係の書類が自宅の個人宛に届くわけねー。
 
コッソリ買った大人向けの本を親に見つかった中学生のように動揺している…。
 
 
とりあえず、もなちょはそれを、そっと会社のカバンにしまうのでした。
 
 
 
そのあと、食事中、嫁は私の仕事カバンをチラチラ見ながら、
 
 
「ねえ、、、
 
 
 封筒、、開けないの?」
 
 
 
ま、まだ気にしてたのかよ(゚A゚;)ゴクリ!
何で追い詰めてくるんだよ!
 
その後も執拗に封筒のことに触れてくる嫁は、まるでマルサの女
 
 
もう、逃げ切れない…
 
 
そう思った時、
 
 
娘が、
 
 
「チャプンしたいー!」とお風呂を催促。
 
いつもは娘と風呂に入っているとBitcoin価格が暴落するジンクスから、腰の重い私も、
 
 
もなちょの心の声 (娘、グッジョブ!)
 
 
そのまま風呂に行き、うまいこと逃げ切りました(o・ω・o)コワイコワイ
 
 
 
封筒は、嫁と娘が寝静まってから、こっそり開けましたよ。。
 
 
後で判ったことですが、
彼女は私が昔お付き合いしていたヨーロッパ人から、
こっそり手紙が送られてきたのではないかと疑っていたようです。(笑)
 
 
まあ、どっちにしても、コワイ(^_^;)。。。
 
 
 
↓そんなEcard(どんなw)ここから登録すると、私からの紹介ということで、少し安くなるようです。
 ちなみに、私にもインセンティブがあるようなので、ぜひ(o・ω・o)!w
 英語なので、わからなければtwitterで聞いてくださーい。
 
 
 
 
 
 
 ↓ 応援ありがとうございます。寄付はこちらからです。
 いただいた金額に応じてKIZUNAコインをお送りさせていただきます。
 もなちょモチベーションアップ分以外は、
 KIZUNA普及、寄付いただいた方への配当に使わせていただきます。
 

Donate with IndieSquare